首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)でロジスティクス(3PL)に強い総合物流商社ならゴールド・スピアー

ゴールド・スピアーはこんな会社です。貴社の物流事業を最適化する物流パートナーです
ゴールドスピアー株式会社

お電話でのお問い合わせ

(受付時間 平日9:00~18:00)

メールでのお問い合わせ

ゴールド・スピアーの食品物流サービス

貴社の物流業務の悩み事を「ゼロにする」会社です

頼りになる物流パートナーを目指します

物流のプロとして責任を持ってコスト削減・品質向上を目指します!

物流業務全体を企画・設計・運営いたします。

貴社の物流パートナーとなり、物流部門から事業全体を支えます。自社や業者へ委託をされている場合も、ぜひ課題をご相談下さい。

部分的なご依頼でもお気軽にご相談下さい。

輸配送業務・倉庫内作業など部分的な業務範囲のご相談も承っております。お気軽にご相談下さい。

ゴールド・スピアーの最適化へのアプローチ

業務改善後に起りこがちな問題

  • 人員の不足・・・・・・・・雇用の悪化・流出・人材育成不備 など
  • 人件費の増加・・・・・・・生産性の低下・時給単価の増加 など
  • 配送コストの増加・・・・・コース見直し・条件ミスマッチ・拘束時間長・応援車増 など
  • サービスレベルの低下・・・遅延・商品劣化・誤配送 など
  • センターフィーの増加・・・家賃&附帯設備及び水道光熱に関わる費用増 など
ゴールド・スピアーでは、事前に上記のようなリスクを徹底に検証し回避策を講じます。

「後の祭り」にならないためのアプローチの流れ

甘いリスク想定で業務改善を行い予想外の問題が発生する事もあります。真に生産性向上を実現するため、事前に徹底的なリスク検証・回避策を講じます。

徹底的な現状把握

まず、しっかりと現状把握を行います。正確にリスク検証を行うために、必要な情報をご共有下さい。

徹底的な現状把握


業務改善後のリスク検証

業務改善後に起こりうるリスクの検証を行います。数値からのアプローチや経験・ノウハウを以って徹底的に洗い出します。

徹底的な現状把握


リスク回避策の抽出

想定されたリスクに対し、あらゆる角度から可能性のある回避策を抽出します

徹底的な現状把握


ベストな対応策のご提案

抽出した回避策から、業務内容や今後の展開を考慮し、ベストな対応策をご提案いたします。

徹底的な現状把握


物流最適化の具体例

ゴールド・スピアーの最適化へのアプローチの一例をご覧下さい。

卸問屋の物流センター構築例

経緯

卸問屋A社は、自社センターを運営。3温度管理(冷凍・冷蔵・常温)の機能も備えた約1000坪の設備を有していたが、突然貸主の都合で退去せざるを得なくなり途方に暮れていた。


自社で拠点探しへ

センターを構築するノウハウはないが、自社で拠点を探すしかないと考え、複数の不動産会社・倉庫会社・大手3PL会社に相談した。

不動産会社に相談

空き物件の紹介のみ。物流の知識に乏しく、保冷設備・倉庫レイアウトの相談は避けられ、何も進展しなかった。

倉庫会社に相談

基本的には自社の空き物件の紹介のみ。保冷・マテハン設備は自社で用意が必要など、専門領域以外の相談は論外。

大手3PL会社に相談

提案する姿勢はあるが、業務領域毎に部署が分かれ、横断的な提案は話が進展しない。そして何れの提案もコスト高だった。


どの提案も決定打がなく、困り果てていたところでゴールド・スピアーに相談

困り果てたところに、用地提案や庫内設計など含め、センター構築を一括で対応してくれる3PL会社があるという事でGSを紹介された。

A社が納得したゴールド・スピアーの提案とは?

”生産性の向上を前提とした提案 ”であった。

移転しなければいけないことに焦ってばかりいたが、輸配送ルートや現場作業を考慮した立地条件・倉庫内レイアウトなど「センター移転の際こそ、『器』でしか解決できない課題を改善するチャンス」と、まるで自社の事のように「生産性の向上、収益UP策」を考え、提案してくれた。

”生産性の向上”を実現するための提案ポイント

最適な物流不動産(用地&倉庫)情報収集力

  • ●物流不動産(用地&倉庫)情報収集力が高い!
  • ●輸配送ルートの効率も考慮した提案!

物流施設の企画・設計・開発力

  • ●建築プランを構築!
  • ●保冷設備をGSが準備!
    • ・イニシャルコスト不要!
    • ・メンテナンスフリー!
      で新設の保冷設備を使用可能!

庫内レイアウトの企画・構築力

  • ●現場オペレーションを熟知!
  • ●マテハン設備もGSが準備!
    • ・イニシャルコスト不要!
    • ・メンテナンスフリー!
      で新設のマテハン設備を使用可能!

通信・システムの構築も可能

  • ●システム構築にも対応可能!
  • ●物流業務を熟知した上での構築!
    • システム会社だと物流業務がわからないのでは?という不安が払拭された!

他社とは一線を画する提案力で、自社の課題を解決してくれると確信した。

結局A社は?

GSに依頼した内容

  • 物件提案
  • 物流センターの開発~構築
  • 庫内レイアウトの構築
  • 保冷設備の設置
  • 通信・システムの構築

GSが一元対応してくれた!

業務領域ごとに複数の業者と交渉せず、GSに一元対応してもらい、予算・労力共に削減できた。

契約はシンプルな賃貸借契約!

構築されたセンターを賃貸借契約するだけ。とてもシンプルな契約ができた。

移転前よりも生産性が向上!

移転前では解消不可能だった現場オペレーションの問題がGSのハードソリューション【場所(用地)→建物(倉庫)→レイアウト→システム】任せで自ずと改善されていた!


ご相談の流れ

ゴールド・スピアーは、ご契約前に物流のプロとして貴社ニーズに合わせたご提案を行います。
多くの物流改善を実現してきた、納得の提案力をお試し下さい。
ご相談頂く情報は機密性の高い情報となるため、 徹底的な管理を行っております。
(※具体的なご提案の際にはNDA(秘密保持契約)も締結させて頂きます。)

ご相談

まずはお気軽に抱えられている問題などをお聞かせ下さい。

業務スキームのご提案

GSが業務委託を行う場合の全体スキームのご提案をいたします。

具体的なご提案

最適な提案を行うため、必要データをご提供頂き、具体的なご提案を行います。

提案内容の協議

業務委託範囲や改善策などを貴社業務に合わせ協議。ご納得頂いた上でご契約となります。


様々な課題をご相談ください。

本ページの具体例のように、根本的な生産性の向上には、いわゆる「器(センター・倉庫)」の改善が不可欠です。しかし、その後の「現場オペレーション」も物流の最適化には重要な部分です。GSでは、現場のオペレーションの最適化も得意としています。詳細は、当社の強みをご覧ください。


  • パーツの改善ではなく物流全体の改善に強い
  • 課題発見力・的確な改善提案力・スピーディーな実行力が違う
  • 大手企業などの物流最適化のノウハウを集約
詳しくは運営会社情報を御覧下さい